2012-06-08 21:11 | カテゴリ:雑な話の巻


こんばんわ 午後から休みでして

何回も遊びにいった福島県相馬市を震災後 始めていってきました 1人で


相馬2


相馬1



s_999 129 (1)


s_999 130 (1)


s_999 131 (1)


海岸付近はまだまだ手付かずの部分が多いですが 

港付近を中心に再開に向けて工事してました

このへん砂浜が綺麗に広がってたはずなんですが。。。

松川浦大橋は現在工事中で通行止めで通れず


ここで帰ってもよかったんですが この南に福島原子力発電所が有り

近くの現状を実際この目で確認したく 車走らせました


国道6号線を走り 相馬市を越えると 南相馬市に入ります

田んぼは原発の影響か稲作の田植えは1つも無く

ただただ荒れた農地だけが見えます

そして 南相馬市の南にある原町を抜けると 


小高地区に入りまして 景色と雰囲気が一変します


震災当時のままだ。。。


小高2


小高1


6号線まで押し寄せた津波で 車やいろんは破片がそのまま残ってました


s_999 133 (1)


s_999 134 (1)


まったく手付かずのまま 行きかう車も少なくなり

警察車両が何台か往復してる みんなマスクして



そして 福島原発から何回も名前が出てる 浪江町

ナビゲーションにも浪江町境から通行止めの表示が出てる


小高3



小高地区ですが 全戸避難していると思われ 誰一人住んでる様子無く

カーテンが閉められたり 玄関を閉じている家が多数見える

ゴーストタウン。。。 



緑〇の沿岸部分は津波と地盤沈下で もともと陸地だった部分がえぐられて

海水が陸地まで浸水して 地形が変わってました もちろん手付かずのまま




s_999 135 (1)



s_999 137 (1)



s_999 143 (1)



s_999 145 (1)



この辺にくるまで車は音楽流していましたが なんともいえない恐怖を感じ

いつなん時でも対処できるようにラジオにしてました

ほんと怖い。。。



そして国道外れた 地区の道から浪江町いけないだろうかと思い

そのまま進みました 赤〇付近 


s_999 140 (1)



s_999 141 (1)



浪江町に入るすべての道を封鎖しているようでした



青〇の国道6号線も


s_999 147 (1)


s_999 148 (1)


警察車両とこの地域に住む人以外 立ち入りは禁止

ここでUターンして帰ってきました


放射能数値は場所によって全然違うのでなんとも言えませんが

通常0.05マイクロシーベルトだとすると

高いところで2.00以上の数値が出ているようです

海に近いところよりは 山のほうが数値が高く

放射能が浸透しなかなか下がらないんだろうなと思います


この手付かずの土地が 自分が生きてる間に良くなるのだろうか。。。


これが日本で起きてることなのだろうか

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://sirodack777.blog105.fc2.com/tb.php/1015-3cb46105