2013-02-14 18:08 | カテゴリ:雑な話の巻



こんばんわ 今日は木曜日

明日金曜だ~~~~頑張れ~~~~♪


それよりも今日はヴァレンシュタインデーですな!

みなさん義理チョコたくさんいただきましたか!wwwww

24歳の子にチョコもらって

来年は本命チョコもらえるといいな~と言うと

十分本命チョコのつもりなんですけどね~ エヘ


エヘってええええええええええええええええええ!

おっさん本気にするじゃないか!


と 勝手に盛り上がる2月の14日でした





ということで 昨日大海戦が勃発しました

E鯖を除く N鯖 Z鯖 B鯖です

N鯖イング→イスパ シラクサ サッサリ ラスパあたりか

Z鯖フラ→ヴェネ アンコナ サロニカ カンディアあたりか

B鯖フラ→ヴェネ カンディアかな


Zもポルだといいんだけど 組み合わせ的にね~んじゃねえかな~と

商会の人がおっしゃってました

Bの方で操舵上げしてると カリカットで大投資戦が発生とか

国家貢献紙もガナドールのおかげで

だいぶ高騰してるし 投資分回収できればいいかな~程度で投資してきました

300mw もう金ないw









さて こっからは夢の話だ




ふと銀行のカード残高みると 割と金が残ってるw

これは あれにいけという暗示ではないかと


そうして携帯画面から 本日出勤の嬢を検索し始めるのであるw

最近予約とか欠席とかで ホテル行ってから NOOOOOOOOOOOO!

ってことが多いので とりあえず来るかどうかだけ聞くようにしてる


夢の話だからな!



そして 本日はその子今から出勤ですよ!と

わかったまた後で連絡すると ゴルゴ13ばりにかっこよく℡を切る


して そそくさとホテルに入り 早速℡すると

ああああああああ その子今予約 入っちゃいましたよ~と とととw



あ~今日もまたこれか と 続けざまに何か所か℡するも

予約とか 本日急に欠席なんですよ とか

こっちとらもう完全に舞い上がってんだよ!と



夢の話だからな!




ということで きょぬ~系が多い店に℡すると あ~何人かいますよ!と

しかもどれも可愛くて お客さん好みのおっぱいおっきい子たくさんいますよと

ほほ~なかなかじゃないかと


しかもこの店は入るなりいきなりスタートの店だ!

良い子はこの辺でもうわけわかめであろう 大人には大人の店があるんじゃ!

なので先にシャワー浴びて綺麗にしててくださいね!と 




で誰かご指名いますかと

全部顔がぼやってるので だれ選んでも同じかと思い

あ~んじゃ~ お任せで!と かっこよく言い捨てる


分かりました~ んじゃ~性格も接待も上手な子送りますんで待っててください

とガチャリ。。。

15分で来るとか言っておきながら 30分たってもこね~~~


40分待ったところで コンコンとノックする音が。。。



ここで8割方勝負が終了する



ガチャリとドアを開けると


下を向いて すいません遅れましたと

アウター着てても そのずんどうっぷりがはっきりわかる

ぽっちゃり。。。いや デブだったあああああああああああwwww


ま~それはそれで仕方ないな と納得する優しい俺w


そして その恥ずかしがってる顔でも見てやろうと

手で顎を優しく上へあげて顔を見ると。。。。



夢の話だからな!




太ったゾマホンやんけえええええええええええええええ!

唇があんな感じなんですYO!奥さん!



完全にあの受付のおっさんやりやがったな!


それでも 引かぬ同じぬ俺!なんという精神力


可愛いねと なぜか出た言葉で 軽くキスをする


ん?


んん?




なんだ このとげとげしい触感は。。。


おもむろにディープをしようとすると(完全に何かがマヒw)



ん?


んんん?



なんだこの ざらつく感じは。。。


舌といい 唇といい 顔全体がなんか 


ざらざらしてるううううううううううwww



おいおい こんなの初めてだぞ おい!

俺の唇は柔らかくて気持ちいいと評判なのに

なんか ものすごく抵抗を受ける感じがした



で こんな状況でもはっきり反応する うちの息子!

最近気づいたんだが こうダメな感じの子が申し訳なくくる感じが

ぐっとくるうううううううううううううううううw フェチなのか!?

それとも ただの変態なのか!


あら 随分元気ねと ひざまづき うんも言わせず

舐め始めた。。。



ん?


んんんんんんん!


なんだ このざらつく感じは 息子がやすりでこすられてる感じ!


確かにうまいんだが なんか痛いw



ちょっとすぐいっちゃうから

落ち着こうよと 弱気な言葉がでる


でその太ったゾマホンは 服を脱ぎ始める。。。

私おっぱいないんですよ~と



確かにずんどうで おっぱいが全然ない

幼児体型にも ほどがあるぜ!的な

しかも背中SMっぽい痣あるし

これでも40キロ痩せたんですよ~とwwwww


いろいろ驚愕過ぎて うんうんそうなんだ~と

あいづちを打つことしかできない


んじゃ~どっちが攻める?と聞いてくる


ん?あ~

んじゃ~軽く攻めちゃおうっかな~と なぜか受け答え攻め始める




ん?



んんんんんんんん!



なんだ 



この異臭というか キナ臭いとうか 焦げ臭いというか



情報発信源はここか!!!!!!!!!!!


と よい子のみんなは もうわかるな!




濡れ濡れなったところから 


とめどなく情報発信してるじゃねええええええええええか!


触れた手が 溶けてしまいそうなこの感じwwwww


感じやすくて濡れやすいんだね と超紳士的に言葉を伝える

すでに意識はどっかの世界へ逝ってる様だ



気絶する前に 攻守交代してもらう。。。




さっきもやってもらったんだが

気持ちいいんだけど 痛いwww


気持ちよさより 痛さが勝ってしまってどうにも


ギブアップ!





腐った手をシーツで拭きながら世間話


聞けば HPでは26とか書いてるが 34とかw

タバコ吸っていい?とか やりたい砲台な太ったゾマホン




おそらく俺の中で トップ3に着実に入るキャラだったw


もう来るんじゃね~ぞ!と心の中で囁きつつ

風俗の恐ろしさを身に染みた 2月の冬の出来事だった



いいか!夢の話だからな!



~FIN~ ランキング押していけよ!

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://sirodack777.blog105.fc2.com/tb.php/1133-f61ab020