2014-06-21 17:22 | カテゴリ:雑な話の巻




こんぬちわ 今日は土曜日

昨日は仙台で飲み会だったったった

早めに出発して 予約してたビジネスホテルに到着


んで早速ううううううううううううううう



デリったああああああああああああああああ

携帯で顔載せてる子をチェックして


この子かわいいいいいいいいいいいいいいいいいいw


少し高いが給料でたばっかなので

TEIINNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNN


15分ほどで着きますのでお待ちくださいと

有料チャンネルを見つつ 着くまで精神統一を図る


コンコン


お!きたああああああああああああああああああ

で おもむろにドアを開ける



。。。?



・・・?



あれ?なんか違くない?




その場で質問できるほど人間が熟成されておらず


部屋に案内する



相手もそんな私の表情を悟ったのか知らぬが



すごすごと入ってきた



21歳。。。



なんて言っていいんだろう



電話したのは 

AKBのこじはるのような天使の女の子だったはずなのに



目の前にいるのは 椿鬼奴を+20キロくらい肥えさせた感じ




あ~ う あ~ う 


日本語を急に忘れてしまう大失態




あ あ~ああ 




歴戦の強者である私が 明らかに動揺してる



○分で ○万円になります~と


即座にお金を要求されて


あ あ あ~あ はい  こ これで



と 開始3分でも まだ正気に戻らずである



そして 女は おもむろに脱ぎ始めた



ああ あ~ でかい  よく見ると身長もデカかった



いろいろ圧倒されすぎて よく覚えていない



気が付くと 終了15分前には 女は出てった



われは朽ち果てたのである あっけなく そう あっけなく



試合に負けたのである あ あ~



放心のまま ベットに横たわり 


悪夢とサヨナラするかのように 仮眠をとる



30分後。。。











コンコン





コンコン





コンコンコンコン





なんだ うるせいな 誰だノックしてくるの?




コンコンコンコンコンコン





知らんぷりしようかと思ったが





想像以上に コンコンコンコンとノックをしてくるw






せっかく人がいい気持ちで寝てたのに

だれだ!ってドア開けると




異常に目つきの悪い


身長150センチくらいの 森三中の 大島さんっぽい人が



こっちを睨みつつ



あの デリヘル頼みましたよね?と



え? あ? ええ? 




寝起きのせいなのか よく理解出来ない


しかもTシャツに したはすっぽんぽんの俺

ドアから上半身だけ出して 受け答えをするw






あ? お 俺?


そう ここ○○○号室だよね!と 怒り新党である



あ え あ はい ここは○○○号室ですけど



あんたデリヘル頼んだよね?と目つきが鋭く怖い


実際 デルヘルは呼んではいたが すでに敗北済でもあり


返事に苦慮してしまったが いや今は呼んでませんよと



今は 誇張して返答する 


お店の名前も聞いたが 明らかに電話してないし



この女の子もぽっちゃり専門店のようだ


そんなドア前で会話してると らちがあかなくなった女の子が




あ ちょっとまってねと 会社に携帯に電話し始める


あの~ お客さん呼んでないって言ってるんですけど


はい 今○○○号室の前にいます 


電話の向こうで ○●○号室だよ 


と女の子に部屋番号間違っていることを伝えているようだ



それ聞くやいなや 女の子が 急にぶりっ子しやがって


あ~ごめんね~ 私間違ったみたい~♪って


走って居なくなった 



今日は なんて日だ!






その後 会社の人と飲み会にいって


久々にセクキャバに行ってきた 上司のおごりで


そこには 正真正銘の超感じやすい天使な女の子が


俺の相手をしてくれた



悪い神だけじゃないんだなと


姫の名刺をもらった これはどうすればいいのだろうか。。。




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://sirodack777.blog105.fc2.com/tb.php/1263-095b8c27